読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かばんさんはすごいんだ

かばんさんはすごいから、あんな風になっても絶対に復活するんだ!

アライさんも言ってたもん!!!

 

- せるりあん(第十一話)

 

 

最後のあの行動、やはり謎ですね。

サーバルちゃんを助けて、自分が犠牲(?)になったけど、

あの後、サーバルちゃんが食べられる可能性だってあるんだよね。

 

だから、かばんちゃんのあの行動は、後を見据えての行動だと信じたい。

しんざきおにいさんだって、そう思っているはず(/ω\)

 

 

 

ろっじ(第十話)

まさかこのアニメで泣きそうになるとは思いませんでした。

いや、あそこでサーバルちゃんが泣くのはずるいですよ。

このアニメなんなんですか!!!かわいい子たちが、わっきゃうふふするところを、いつもの神視点で視聴する系のアニメではなかったのですか!!!

 

考えてしまいますね。

ボスが映していたサーバルちゃんが今のサーバルちゃんの前世とかだったら、このじゃぱリパークという呪縛から、サーバルちゃんはじめフレンズたちは逃れられないままなのかなと。

ヒトが楽しむために作られたものが、ヒトがいなくなってから放置され、結局そのなかのモノたちが苦しむというエンドではないことを祈ります。

 

ハッピーエンドを望んでおりますが、こういった謎要素が重層的に描かれているから、けものフレンズはここまでヒットしたのかなと勝手に思っております。

はあ~、アプリ復活しないかな('ω')

 

 

 

 

ゆきやまちほー(第九話)

セルリアンはサンドスターを食べているらしいです。

ところで、セルリアンはなぜ発生しているのでしょうか。

原作などあまり詳しくないのですが、どうなんでしょうか。

 

セルリアンには意志というのがあるのでしょうか。

そもそも動物の意志って人間ほどの強さはあるのでしょうか。

共通言語があったら聞いてみたいです。

 

 

 

ぺぱぷらいぶ(第八話)

「そのキャラ、ちゃんと産んでる?」

これ、いろいろなストーリで考えてほしいのです。

可愛いから、CVがこの人とかが一番大事なんじゃない。

このキャラクターは、過去に好きな人がいて、勇気を振り絞って告白したのだが、顔がタイプじゃないと言われて、顔にコンプレックスを持ってしまった。

なんでこんな顔に産んでしまったんだと次第に両親を恨むようになって、非行に走り、心も荒んでいく。

顔が悪いなら。。。と思い、整形もして外見はイケメンに。

可愛い女の子がどんどん寄ってくるが、2, 3ヵ月ぐらいですぐ振られてしまう。

原因は、「外見はいいけど、中身が最悪」

これを言われ続けて、結局、人間中身なんだと悟る。

そんな彼が、「人間、外見がすべてじゃない」というのは、説得力ありますよね。

ただのイケメンがそんなこと言っても、はぁ???と思われますよね。

発言に対して、その人のバックグラウンドが見えると臨場感が沸いて、そのキャラに愛着が湧きます。

これは、二次元の話ではなくて、三次元でもあり得ますよね。

アイドルでも、バックグラウンドが強いと応援したくなりますよね。

愛されるアイドルは、しっかり産んでる。周りにしっかり産まれている。

そう思う第八話でした。

 

 

 

じゃぱりとしょかん(第七話)

じゃぱりまんは各個体ごとに栄養素が満たされるように作られているとありますが、毎日同じものばかり食べていたら飽きますよね。

だから、料理食べたいという流れになっていたと思います。

ここでまたかばんちゃんが頑張るのですが、俺って、飽きるまで物事やっているかなとか思っちゃいました。

日々、どんなことをしながら過ごすなんて、本来、自由に選べるのですが、毎日しっかり飽きているかな、燃焼しているかなと考えました。

いや、だらだら過ごすのも大事なんですよ。

ただ、やっぱりベースは色々と消費するのではなく、消化していかないと駄目だなと。

空腹を満たすために食べるだけではなく、しっかり咀嚼して味わいながら人生過ごしたいなと思いました。

 

そうやって、前のめりに過ごしながら周りの人にも良い影響を起こしていきたいです( ;∀;)

 

 

 

へいげん(第六話)

争いって原因は些細なことだけど、どんどん大きくなって収集がつかなくなっていることってありますよね。

その大きくなっている現状から、ルールを変えて争って、収まるという結末もあるんだなと第六話で学びました。

そりゃもちろん、言葉で争いがなくなればよいのですが、争うということを競うに変換させて解決するのが最適解なのかなと思いました。

 

 

 

こはん(第五話)

アメリカビーバーちゃんの心配性とオグロプレーリードッグちゃんの推進力が上手に昇華される第五話でした。

バランスとるって本当に難しくて、みなさん何か特性があると思うんです。

その特性を上手く昇華し合いながら新しい世界に進んでいるんですね。