あぶろぐ

初心に戻って "あ" から始めよう

ストレスと鎖国

自殺のことを毎日考える生活から、ストレスをあまり感じなくなってきて、早4年。

これからも、うまく生きていけるかなと思っておりますが、それでもストレスというのは無くなりません。

最近感じたストレスは、集中しているときに話しかけてくる人がいました。素直に話しかけないでとは言えないし、かといって話に乗ると、今後も話しかけてくるかもしれないので、少しだけ冷たく接する。「分かってくれ」という意思表示が必要となります。そうした取り組みのお陰で、一人モードを存分に味わうことができています。一人でいたいのに、色々と困る!という人は、ちょっとした意思表示はオススメですよ。

この一人でいたい自分を鎖国状態と勝手に呼んでます。鎖国は大事。ただ、だんだんとストレスが溜まってくるんですよね。一人になっても。

鎖国状態でストレスを抱えるタイミングとして、困っていることがあると、「あの人のせいだよ」とか、対応を間違えてしまった時に、「これから音信不通になったらどうしよう」とか。マイナスな思いつきがどんどんと頭の中から出てくるんですよね。これが意外と止まらない。

じゃあ、どうしたら良いのか。その原因となっている人たちと話し合うことです。解決に向けて話し合うという意味ではなく、その人たちのいるコミュニティーに参加したり、近くにいたりするのです。そうすると、自分で思っていたことが大したことではないと気づきます。傷つけたかなと思ったら、全く気にしていなかったり、対応間違えたかなと思ったら、相手に本当の原因があったりするものです。そういったことに気づくためには、一人でいるのをやめて、みんなの輪の中に属しているという気持ちが大切です。

では、その輪に入ってストレスがなくなるかと言えば、そうではありません。一人で居たいときとかに話しかけてくるんです。一人で集中したい時に話しかけてきて、ストレスがたまるときがあります。素直に話しかけないでとは言えないし、かといって話に乗ると、今後も話しかけてくるかもしれないので、少しだけ冷たく接する。「分かってくれ」という意思表示が必要となります。そうした取り組みのお陰で、一人モードを存分に味わうことができています。一人でいたいのに、色々と困る!という人は、ちょっとした意思表示はオススメですよ。

この一人でいたい自分を鎖国状態と勝手に呼んでます。鎖国は大事。ただ、だんだんとストレスが溜まってくるんですよね。一人になっても。

 

・・・

 

最近、この繰り返しです。

この流れを俯瞰すると、自分が悪いんですよね。一人で居たいときは、その場から離れて、みんなと居たいときは、輪に入れば良いのです。自分の居場所の調整ができてなく、他人がああだからと、ストレスの原因を外にあると思い込んでいるからストレスを感じるんですね。

ストレスの原因は、全て自分からです。相手は悪くない。

 

 

 

スタート地点に戻る月曜日

f:id:masu_ojisan:20170605121119j:plain

ああ、なんてことだ。
私はルノアールにいる。ルノアールにいること自体、何らおかしいことではない。先週に続いてルノアールにいることおかしいのだ。

先週、走れば始業に間に合うのに、ルノアールに行くことにした。秩序のある店内、スマイル100点なスタッフ様、世界を支えているお客様と、私の心は洗われた。なのに、また同じ理由でルノアールにいる。また寝坊したのだ。

寝坊した理由は、Amazonプライムで配信中の「ぶらり路上プロレス」が想像以上に面白くて、一気に観たからだ。男色ディーノさんのお尻を観てしまったら、すぐには眠りにつけないというのは、みなさんに理解してもらえると思う。

www.amazon.co.jp

いや、本当は7時に目が覚めたので、余裕で間に合うはずだった。だが、他人に厳しく自分に甘い自分にとって、二度寝は恒例行事のため寝坊したのだ。寝坊は必然的だったのだ。

そんな怠惰な自分を暖かく受け入れてくれるのがルノアールである。今日の店員さんは、スマイルというよりもクールだ。声のトーン・造作共に必要最低限の動きで、無駄がない。汚れたところはすぐに掃除をし、お客様が呼んだらすぐに駆けつける。相変わらずルノアールはすごい。そんなルノアールに甘えてしまっている自分がいた。

来週の月曜日は、どんな自分だろうか。
人間、そんな単純に変わるものではないが、きっと成長しているだろうという淡い期待をしつつ、今週も過ごしたいと思う。

きっかけは、月曜日から

f:id:masu_ojisan:20170529101742j:plain

月曜日というのは、嫌われ者である。土曜・日曜と、平日から離れた生活を満喫していたが、それを引き戻すのが月曜日なのである。

かく言う私も、FF15のメインヒロインであるルナフレーナ様が崩御あらせられましたこと、学校に行く前向きな気分を持ち合わせていなかったため、月曜日は苦手である。昨日プレイしていたゲームに影響されるなんて、流されやすい人間だなというツッコミは甘んじて受けよう。

始業まであと2分。学校まであと320m。

走れば間に合うのだが、こんな気分では走れない。いや、正確に言えば走れるのだが走りたくない。ダックスフンドとその主人が歩き出さない。きっとダックスフンドは散歩に行きたくなかったのであろう。私が見かけてから、一歩も前に踏み出していない。月曜日だから、犬でも外に出たくないのである。私は、学校に行くのを諦めた。

せっかくここまできたのだから、何かしら用事を済ませてから帰ろうと思い、持ってきていたMacBookで作業をできる場所を探した。交差点を渡った先にルノアールがあった。

ルノアールという品のあるところには今まで行ったことがない。ドトールなら行ったことがある。ドトールは素晴らしいお店である。知り合いのおじさん曰く、「絶対にタバコ吸えるから最高だ。今時、外で吸っちゃダメだからな。」と。そのおじさんは、GWにやることがなさすぎて、5日間ずっと犬の散歩をしていたらしい。そんな愛犬家の言うことだから、ドトールは素晴らしいお店である。

ただ、私はルノアールを選んだ。理由は特にない。あるとすれば、一番近くにあったからだ。とにかく歩きたい気分ではなかったのだ。

お店に入ると、「すぐに店員が参りますので、お並びになってお待ちください」との看板があった。月曜日の朝ということもあって店内ガラガラ状態であったが、ルノアールのローカルルールというのも分からないということもあって入口で待った。

「いらっしゃいませ」と、これまで出会った店員スマイルランキングに上位3名に悠々とランクインする笑顔で出迎えてくれた。ここは絶対に良いお店である。「おタバコは吸いますか」と。私はまだおじさんではないので「吸いません」と言い、禁煙席に案内された。知り合いのおじさんにぜひ伝えたい。ルノアールも素晴らしいお店であることを。

座ってまず思ったのが、店内にゆとりがあることだ。椅子の大きさや隣の席までの距離が広い。ルノアールの独特の品のある雰囲気は、このゆとりが生み出しているのではないのか。お店に入ってから、どんどん精神が落ち着くのを感じる。これは、お店のゆとりが、私の心のゆとりを生み出してくれているのかと思う。

初めてのカフェなら、まずはオードソックスにコーヒーを注文したくなる。私も例外なく、ドリップアイスコーヒー(¥590)を注文した。モーニングの時間帯であったので、バタートースト・玉子・スープ(¥60)も注文した。プラス60円でつけられるなんてお得感が強くて気分が気持ち良くなった。

コーヒーの味は、奥から引き出している深みのある苦味がたまらなく美味しく感じた。美味しいコーヒーは、苦味に任せて出来たものではなく、コーヒとは思わないほどのさっぱり感に、喉のあたりで感じる苦味の2つを感じるものである。もちろんこれは主観的な意見なのだが、分かっていただける方は多いと思っている。

モーニングも美味しかった。暑くなってきたから、冷たいものを口に入れたいと思いがちだが、暖かいスープを口にしてから、その安直な考えを恥じた。こんな私にこそ、心から暖かくなるものが必要だったと思ったからだ。そもそも、320mも歩くのを諦めるなんておかしい。歩いても間に合う距離なのに、サボりたくなるこの気持ちには、心を温める必要がある。そのためのスープだと思った。必要なものほど、手にしてから必要なことだと自覚するものだなと思った。

モーニングを頂きながら、店内を見渡した。2つ隣の席にいる定年退職をしたと思われるおじいさんが、スポーツ新聞を読みながら優雅な朝を楽しんでる。年金と退職金が主な収入源だろう。私もいっぱい稼いで、定年後もルノアールでモーニングを楽しめるように頑張ろうと思った。

前の席にいる人は、ノートパソコンを広げて何かしている。MacBookではなく、ThinkPadというのが好感が持てる。スタバといえばMacBookというのが定説だが、ルノアールではThinkPadなのだろう。この人、見た目からして20代なのだが、仕事は何をしているのだろうか。Pocket Wi-Fiを持っていることから、普段から外で作業をしているのであろう。オフィス勤務なら、オフィスのWi-Fiを使えば良いので、この人はオフィス勤務ではないと思う。もしかして、フリーランスなのかもしれない。そしたら何のフリーランスなのか。Web系エンジニアなのかな、それとも若き社長さんなのかな。私がこんなことを考えている間に、フリーランスかもしれない人は、お店のお手拭きで机の汚れた部分を拭いてからレジへ向かった。普段からこのような振る舞いが出来るなら、きっと良い人だろう。エンジニアだろうが社長だろうが、世の中に良い影響をもたらしているはずだ。そう思い始めてから、もはや職業とかどうでも良くなった。

後ろの席にいる人は、会社役員だろう。月曜日の午前10時にルノアールで良くわからない資料を読んでいるから、会社役員だろう。もはや役員でなくても良い。世の中に良い影響をもたらしていると思うからだ。世界のために頑張ってください。

そんなことを思いながら、MacBookを広げてこの文章を書いている。とても快適である。月曜日は嫌われ者云々とかどうでも良くなってきている。ルナフレーナ様も私の気持ちの変化に喜んでくれているだろう。

こんな気持ちになれたのは、心にゆとりをくれたルノアールのおかげであって、そのルノアールに行こうと思った月曜日独特の気だるさだろう。月曜日やるじゃないか。憂鬱な気持ちにさせる月曜日だが、新しい発見のきっかけを与えてくれるのも月曜日なのかもしれない。

ありがとう、月曜日。

これからもルノアールに行こうと思う。店員スマイルランキング上位のスマイルも見たいし、コーヒーとモーニングを楽しみながら、世の中を楽しみたい。ちなみに毎週月曜日は、ルノアールEdyカード(¥100)で決済をすると割引率が上がるみたい。これは月曜日に来てくれと言っているのと同等だ。

そろそろ2限が始まる時間だから、やっぱり学校に行こうと思い、レジに向かおうとしたら、温かいお茶を持ってきてくれた。これから学校頑張ってと応援してくれているのだろう。ルノアールのサービスは隙がない。こんな人間に私はなりたい。

温かいお茶が口の中で感じるうちに外に出たくなったので、お茶をいただいてすぐに席を立った。これから日常に戻るんだ。日常に戻ったら、先週よりも世の中に良い影響を与えよう。1人でも多くの人のお役に立てるように頑張ろう。

そう思いながら、お店を出た。さっき立ち止まっていたダックスフンドはもういなかった。

 

 

 

MacBookを使い始めて1ヶ月が経過しました

新しい職場がMacで仕事をするということで、仕事に慣れたい私はMacBookを購入しました。

www.apple.com

購入したのは、ストレージが512GBのスペースグレイです。

ちょうど購入してから一ヶ月経ちましたので、使用してみての感想を書きます。

 

とにかく軽い

軽いです。本当に軽いです。

MacBookどこになるかな〜と書類でいっぱいの机の中を探していたら、書類と一緒に持ち上げていたなんてことがありました。1kg以下ということもあり、実はMacBook Airよりも軽いんです。購入しない人でも家電量販店とかに行って、実際に持ち上げて欲しいです。

 

充電の持ちがすごい

一日充電しなくても持ちます。

電池を激しく消耗しない作業なら、充電は一日一回で足ります。文章を作成する作業だったり、ネットサーフィンだったりなら、十分持ちます。

よくあるノートパソコンはだいたい5~6時間持つと素晴らしいと思われておりますが、5~6時間は余裕で持ちます。

 

iPhoneとの相性が良い

iPhoneユーザでパソコンがWindowsの方が意外に多いと思いますが、iPhone持っているなら、MacBookがおすすめです。何より、スマホで作業していたことがスムーズにMacBookで取り組めるし、逆も然りです。

具体的に、Safariです。

iPhoneで読んでいたWeb記事が、Macsafariを開くと、すぐにアクセスできるようなっています。

メモ帳も、勝手に同期しており、痒いところに手がとどく気持ちです。

 

トラックパッドが使いやすくてマウスはいらない

ノートパソコンには、トラックパッドが付いていますよね。指でタッチするとマウスと同じ動きをしてくれるあれです。

Macトラックパッドはとにかく使いやすいです。

精度が高く、指のジェスチャーも感覚的に覚えることができ、マウスいらないなあと思っています。

MacBookを購入するときは、マウスを買うのはトラックパッドを触ってからにしましょう。

 

スピーカーが、かなりいい感じ

これは予想していませんでしたが、iTunesで購入した曲を流してみると、音に厚みがあって、感動しました。

こればっかりは、聞いてみてくださいとしか言えませんが、よくあるイヤホンで聞くよりも比較にならないほど良いですよ。

 

 

 

今のところ、購入して本当によかったです。

最初は外で使うときのみ使用して、メインはすでに持っていたWindowsPCでいいかなと思っておりましたが、すでにMacBookがメインとなっています。

Windowsがいいんじゃあという人は、MacBookWindowsを入れて使うのもありだと思います。

 

Windows派の両親に、MacBookをプレゼントしようかな・・・。

 

 

 

 

 

Googleデジタルワークショップを修了しました

f:id:masu_ojisan:20170509172132p:plain

こんにちは。

先ほど、Googleデジタルワークショップを修了しましたのでご報告いたします。

 

Googleデジタルワークショップとは、

今後の仕事や就職活動に役立つ「デジタル マーケティングの基礎」を動画でわかりやすく学べます。 Google から認定証が発行されるため、履歴書であなたがデジタル マーケティングを一通り学んだ人だということをアピールできます。 デジタル ワークショップは最後まで無料で学習していただけますので、ご安心ください。

(引用元)https://learndigital.withgoogle.com/digitalworkshop-jp/certification

 

動画をみる→テストを受ける の繰り返しで取り組みます。

最後に、最終試験を合格して認定となります。

 

就職活動に役立つと銘打っておりますが、デジタルマーケティングについて学びたい人にとってもおすすめです。

Google広告に限った話ではなく、全体的な内容となっています。デジタルマーケティングについて学び始める最初の教材として使うと良いです。

 

私は、全体的な内容は把握していましたので、動画を観ずにテストをどんどん解きました。そして、分からないところだけ動画を観ました。このやり方が、一番効率よく取り組めました。

 

あと、無料で受験できるから〜と思っていたら、量が意外と多くて心折れないように計画的に取り組みましょうね!

 

皆さんもぜひ取り組んでみてくださいね!

 

※履歴書に書けると紹介文にありますが、知名度が低く、取得にそこまでコストがかからないのでどうかなと個人的には思います。ここで学んだことを生かして、こんなことをやりましたと書けるとGoodだと思います。

「食べる人スタンプチャレンジ!」に挑戦しました。

こんにちは!

最近、靴のインソールを変えたら、歩くのが劇的に楽しくなりました。

 

さて、標題の件になりますが、皆さんは「花研グループ」をご存知でしょうか?

ばんからラーメンなどの飲食チェーン店を経営している会社となります。

 

そこが発行している「食べる人」という雑誌の後ろにこんなのがありました。

f:id:masu_ojisan:20170428023321j:plain

そう、スタンプラリーです!

 

これ、やります!!!

普段なら見かけても「やろう!」とは思わないのですが、普段ならやらないと思うことをやっていかないと、個性が死んでいくなと謎の危機感がありまして、衝動的に始めました。

もちろん、ばんからラーメンが好き(アルバイト先の近所にあって、よく行きます。)というのもありますよΣ(`・Д・ノ)ノ

 

ということで、これからお店を周って行きます!

スタンプラリーの記録は、この記事に随時更新していきますので、よろしくお願い致します。

 

旭川味噌ラーメン せいべえ上野本店

f:id:masu_ojisan:20170428025348j:plain

初陣は上野です。

 

実は、応用情報技術者試験のお昼休みに行ってきました!

試験で頑張ってお腹が空いておりましたよ〜

masu-ojisan.hateblo.jp

 

f:id:masu_ojisan:20170428030145j:plain

メニューはこんな感じです。

せいべえの特徴は、餃子のラインナップと味噌のこだわりです。

 

f:id:masu_ojisan:20170428030147j:plain

私が注文したのは、旭川味噌ラーメン(750円)と、焼き餃子(150円。半額キャンペーン中でした。)です。

ラーメンですが、味噌が本当に美味しい。

濃厚でしっかりとした味ですが、うるさくはない。

なんとも絶妙な味噌ラーメンでした。

 

f:id:masu_ojisan:20170428030150j:plain

餃子に使用する醤油が、北海道の醤油でした。

実は、せいべえの味噌は旭川市で製造されております。

大自然に囲まれた素晴らしい環境で製造されているんだなと思いながら食べると、さらに美味しく感じますよ!!

続きを読む

純な3月のライオン

こんにちは

 

最近、濃いめのお茶にハマっております。 

伊藤園 おーいお茶 濃い茶 525ml×24本

伊藤園 おーいお茶 濃い茶 525ml×24本

 

伊右衛門より、こっちが若干好きです。

なんで好きなのかが言語化できていないので、今度飲み比べしてみます。

 

それにしても、なぜお茶界隈で濃い味ブームがあるのでしょうか。

気になりますね・・・。

 

標題の件になりますが、映画「3月のライオン(前編)」を視聴してきました。

f:id:masu_ojisan:20170428012855j:plain

写真は、新宿駅です。

3月のライオンモードですね!漫画買いたくなってきたぞ!!!

 

3月のライオンは、漫画・アニメがすでにあるみたいなのですが、

個人的には映画が初見でした。

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町に一人で暮らしている。幼い頃に交通事故で家族を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。温かな支えを胸に、闘いへと飛び込む零。それは、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神のすべてを賭ける壮絶な闘いだった……。

ところが、ある事件が川本家を襲い、さらに3姉妹を捨てた父親が現れ、耳を疑う要求を突き付ける。一方、幸田家も親子の対立から崩壊へと向かっていく。大切な人たちを守るため、強くなるしかない。新たな決意のもと最高峰を決める獅子王戦トーナメントに挑む零。トップには、将棋の神の子と恐れられる宗谷名人が待ち受けていた──。

※ 公式サイトから引用しました。 http://www.3lion-movie.com/intro/

以下、少しネタバレありの感想です。

続きを読む